自作ホーロー風駅名標

糠南駅のホーロー風駅名標を自作して糠南駅(北海道幌延町)で開催されたクリスマスパーティーに持って行きました.
作り方とか忘れても困んないようにメモっときます.

製作を決意したのは,開催13日前.あまり製作に時間をかけられないので,簡単に手に入る材料と家にある道具のみを使って作ることに.
琺瑯製ではなく紙製です.

サイズについて

北海道各駅に飾られているホーロー駅名標のサイズは横200mm×縦1000mmです.
これについては4月に銚子口駅(北海道七飯町)で既に調査済み.

駅に飾るとなると実寸大で作るのが望ましいわけですが,横200mm×縦1000mmは如何せん持ち運ぶには大きすぎる…

というわけで,実寸大のものはバラバラの状態で持っていき現地で組み立てることに.
これとは別に実寸の0.6倍(横120mm×縦600mm)のものも作ることにしました.
(こっちは完成品を持っていけるのでラク)

材料

マット紙

ヨドバシで購入.A4 50枚入りで376円.
安いですが普通紙よりはきれいに印刷できます.

フィルム

ダイソーで購入.粘着剤の付いてる厚い方のフィルム(たぶん本来は裏面用)を使いました.
これで表面に光沢をつけるとともに,紙が雪で濡れるのを防ぎます.

板材

ダイソーで購入.ちょうどよく実寸0.6倍(横120mm×縦600mm)の大きさの木材が売られてました.

実寸大サイズの木材はダイソーには売ってなかったので,ポリスチレン板(横450mm×縦840mm)で代用.カッターで横200mm×縦450mm,横200mm×縦550mmの2枚を切り出してテープで繋ぎ合わせました.強度的に微妙ですが仕方ない.

製作

画像データの用意

まずは印刷のための駅名標画像データを用意します.
テンプレート画像を作ったのでこれに駅名を挿入する感じです.
(細かい寸法などは実際のものとは異なります.)

駅名部分はホーロー駅名板シミュレータで生成できるのですが,あれの出力はあまり解像度が高くないので適当なベクタ化ツールでsvg画像とかに変換した上で拡大してテンプレート画像に挿入します.
(テンプレート画像は1417×7087 pixel)

印刷と組み立て

これをマット紙に印刷します.pdf画像にしてAdobe Readerのポスター印刷使うと簡単に複数の用紙に分割して印刷できます.

ちなみにこのテンプレート画像は1417×7087 pixel,90 dpiなので,ミリ換算すると400×2000 mmです.
従って50%で縮小印刷すると実寸大(横200mm×縦1000mm),30%で縮小印刷すると実寸0.6倍サイズ(横120mm×縦600mm)になります.
以下,実寸0.6倍の場合の製作例です.

駅名標の部分をカッターで切り取り,テープで繋げます.

フィルムを貼り付けます.

ハサミを使ってフィルムを駅名標の形に切り取って,板材に貼り合わせれば完成.

糠南クリパへ持参

こんな感じに製作した駅名標を糠南クリパへ持って行きました.
クリパに持参したものについては,下の部分をサロベツビールに変えています.

前夜祭では糠南と上雄信内の実寸0.6倍駅名標を披露w
(どちらも実際には存在しません)

そしてクリパ当日は実寸大駅名標を柱やヨドコウに飾り付け.

みなさん写真撮ったりして楽しんでくれたみたいで嬉しかったです.
シミュレータ公開したときにも思いましたが,ホーロー駅名標は本当にみんなに愛されているんですよね.

今後の課題

次また作る機会があるなら,もう少しクオリティ上げたものを作りたいですね.

現状の課題としては,

  • フィルムが変に光を反射してしまう
  • ポリスチレン板で作った実寸大の方は強度が弱くてたわむ
  • 防水対策(横から水が入り込んでしまった)
  • 立体感を出したい(本物は側面が折り曲がっている)
  • 柱等への取付方法の検討
  • やっぱり琺瑯で作りたい

などがあります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です